新学期も始まり、新しい年度で様々な新しいことに取り組んでいらっしゃる方々も多いと思います。北海道の浦河でも氷が解け、春の気配が近づいています。
 今回、本新学術領域で開発を進めてまいりました「自閉スペクトラム症知覚体験シミュレータ」に関しまして、大阪で講演会を開催することになりました。

================================
「自閉スペクトラム症の視覚世界を体験」
http://devsci.isi.imi.i.u-tokyo.ac.jp/events/1147
================================
日時:2015年4月29日(水・祝) 14:00-15:30
場所:グランフロント大阪 北館タワーB 10階 カンファレンスルーム B01
プログラム:
14:00 開会
司会:浅田 稔 大阪大学大学院工学研究科・教授
14:05 「⾃自閉スペクトラム症知覚体験システムができるまで」
長井 志江 大阪大学大学院工学研究科・特任准教授
14:30 「当事者研究の新展開〜~ことばを介さない経験の共有に向けて」
熊谷 晋一郎 東京大学先端科学技術研究センター・特任講師
14:50 参加者によるシステム体験
15:30 閉会

・申込⽅方法
件名を「4月29日講演会参加」とし、本文に氏名、ご職業、ご連絡先を明記して、下記のメールアドレスまでお申し込みください。当日参加も受け付けます。
・申込⽤用メールアドレス
devsci@er.ams.eng.osaka-u.ac.jp

⾃自閉スペクトラム症の本当の困りごとは社会性以前の感覚・運動レベルにあった!
 自閉スペクトラム症は、従来、社会的能力の問題と考えられてきましたが、近年の認知心理学研究や当事者研究により、その原因が社会性以前の感覚・運動レベルにあることが指摘されています。一般に、人間の脳では感覚器から入力された信号を時空間的に統合することで環境認識や行動決定を行いますが、その統合能力が定型発達者と異なることにより、高次の認知機能である社会的能力に問題が生じたり、知覚過敏や知覚鈍麻などの特異な症状が現れるというものです。
 大阪大学大学院工学研究科の長井志江特任准教授らの研究グループは、その特異な知覚症状と社会性の障害の関係を探るため、自閉スペクトラム症の知覚世界を再現することのできる、ヘッドマウントディスプレイ型知覚体験シミュレータを開発しました。知覚過敏や知覚鈍麻として知られる視覚のコントラスト強調や不鮮明化、無彩色化、砂嵐状のノイズといった症状が、環境からの視聴覚信号(明るさや複雑さ、動き、音の強さなど)によって引き起こされる過程を、世界で初めて計算論的に解析・モデル化しました。
 本研究の成果を応用することで、自閉スペクトラム症の特異な知覚が彼らの社会性の問題にどのような影響を与えているのかを理解し、自閉スペクトラム症者にとって真に有益な支援法を提案することが期待されます。

また関西地方では,4月15日(水)16:47から放送予定の読売テレビ「かんさい情報ネット ten.」の「Go!Go!若一調査隊」のコーナーでも紹介される予定です.

http://devsci.isi.imi.i.u-tokyo.ac.jp/outreach/1135

皆様お誘い合わせの上、ふるってご参加ください。

Share →