当事者研究ネットワーク

当事者研究に関する情報をまとめて掲載しています。

研究会・イベントの参加はこちら

森式風景観察法 

研究者:森亮之

1. 苦労の場面
人気のないところを歩くとこだわりがでてきてこだわり続けてしまう。景色の実感をとらえられなくなり圧迫感が増し、結果家に帰ることになってしまう。
2. 自己対処(スキル)
人気のないところを歩き、こだわりの兆しがくると、目の前の風景を観察して言語化する。
●例 「太陽」「広い」「寒い」「遠い」「近い」など
3.効果
言葉にするとそれに伴って自分の気持ちも動き、腑に落ちてそこにいる実感が持て、歩くことができる。