研究者:森亮之

1. 苦労の場面
苦手なこととにチャレンジするときや、緊張しやすいシチュエーションに身を置かなければならない時、とにかく不安になる。
2. 自己対処(スキル)
とにかく場数を踏む。苦手なことこそやり続ける。
3. 効果
不安になるのは変わららないが、「少しくらい不安でも大丈夫だ」という気持ちになって、心のどこかでは安心していられる。

Share →