研究者:柳一茂

1.苦労の場面
家の前を通る学生や近所の人たちの会話が「デブ」「バカ」など自分への悪口に聞こえ、引っ越しを繰り返していた。場所を変えても同じことが起きた。
2.自己対処(スキル)
受け身でいないで、自分の方から近所の人にあいさつしてみた。すると相手も「こんにちは」と応えてくれた。
3.効果
「ここに僕が住んでいますよ」「自分はここに居てもいいんだ」という気持ちになってうれしかった。また、挨拶することで一日を爽やかな気分で過ごせる手ごたえを感じ、ここに住み続けるぞという決意も持てるようになった。人間関係においても受け身でいるのではなく、自分から話しかけたり、発信することが大事だと思うようになった。

Share →