研究者:林園子、その他

1.苦労の場面
例えば夜ひとりになった時に、昼間の出来事を思い起こして周りの人から言われたことが気になり、「自分は嫌われてるんじゃないか…」「見捨てられるんじゃないか…」というとらわれにジャックされたとき
2.自己対処(スキル)
「なつひさおチェック」をしたところお腹が空いていたことがわかった。更に苦労の経験と腹ペコとの関係を調べたところ、圧迫さんや幻聴さんの好きなものを食べると特に効果的であることがわかった。
3.効果
とらわれが小さくなることがわかった。
幻聴さんの好きなものは三者三様…●例:キムチチャーハン、ブルガリアヨーグルト、ミルクティー、焼き芋等

Share →