研究者:森亮之

1. 苦労の場面
外出した時に周りの人目が気になるとき
2. 自己対処(スキル)
視線を一つに定めないで(気持ちを一つに集中させないで)、自分から積極的に色々なところを見る。
●例  牛丼屋の看板を発見…「牛丼かあ、しばらく食べてないなあ」
     〇〇店・・・「ここのお店変わったんだ。前の店は閉店したのかな」  等など
3. 効果
以前は、外出時の圧迫が辛くて外出を控えていたが、この方法を使うと外出できるようになった。

Share →